ハードディスクケース

HDD
パソコンもしばらく使っていると、すぐにハードディスクがパンパンになって、動作がもっさりしてきたり、これ以上、ソフトがインストール出来なくなったり、データ保存ができなくなったりします。

そんなパソコン内の膨れあがったデータを避難させるためには、外付けハードディスクって便利です。

また、ハードディスクもパソコンの技術の進歩とともに、大容量で高速のものが安く買えるようになってきました。

それでパソコン本体内のハードディスクを大容量高速のものに付け替えることによってハードディスクがすぐにパンパンになることが回避されます。

ところが、ソフトウェア、OSなどが新しくなり、映像も最近はまたまたデータが大容量になって来て、昔の何倍も大容量になりました。

それでまた、外付けハードディスクを買ったり、パソコン本体のハードディスクを新しい大容量高速タイプのものに付け替えたりします。

そんなことを繰り返しているうちに、パソコン本体から交換したハードディスクや外付けハードディスクがやたら増えてきます。

とくに外付けハードディスクが増えてくると、ACアダプターやケーブルでパソコン周りがぐちゃぐちゃになり、ついつい足でひっかけて大切なデータが壊れたり、絡まったコードに躓いて転んで大切な身体が故障したりします。

そんなときに便利なのが、ハードディスクが何台も入るハードディスクケースですね。

いろんなメーカーからいろんな種類が出ていますが、とりあえず、今自分で使っているもので解説します。
1443767708676.jpg
写真では4種類、一番左がチョイ大き目のハードディスク5台入るやつ。真ん中がハードディスク4台入るRAIDタイプ。右下がハードディスク4台入るコンパクトタイプ。右上が裸のハードディスクを差し込んで使うタイプで、2台まで刺せて、おまけにハードディスク内データを複製するクローンモードがついてます。

ただこういったものを購入する場合、カタログや商品の箱の裏面やWEBの販売ページには載っていないか、あまりにも小さい字で書かれているために重要な事に気がつかないケースがあるので気をつけましょう。

まず、インターフェースですが、最近多いのはUSB3.0ですね。WEBの販売ページなんかで、USB2.0との違いをグラフで見せてすんごい速いような事いってますが、もともとUSB2.0が遅かっただけの話で、本体内蔵のハードディスクと比べるとやっぱり遅いです。あと、USBケーブルの質や長さによっても転送速度なんか変わってきます。これなんかは、音楽を聴くときにマニアの人は音質を追求するために一本何千円もするような高級USBケーブルを使いますが、それと同じで安いUSBケーブルだとデータロスが大きいので当然遅くなります。百均のUSBケーブルなんてもってのほかで、データ破損の危険もあります。
あと、ハードディスクケース側とパソコン本体とUSBケーブルの3つ全部がUSB3.0に対応していないと、USB2.0の遅さになります。

で、やっぱり速いのはeSATAですが、eSATAには転送速度1.5Gb/s(SATA1.5)3Gb/s(SATA2)と6Gb/s(SATA3)があります。内蔵ハ-ドディスクと同じ速さの規格ですね。

これもケース側とパソコン本体とケーブルの全部に対応していないと、遅いほうのスピードになります。

あと、eSATAでもケース側でホットスワップ(パソコンの電源を入れた状態で抜き差しできる)に対応してなかったり(写真の一番右下のケース・この場合はパソコンの電源を入れる前にケースの電源を入れ、切る場合はパソコンの電源を落としてからケースの電源を切る)、RAID対応のものでも専用のインターフェースカードをパソコン本体内に増設しないと使えなかったりします。(写真の真ん中のケース・この場合は専用インターフェースカード付き)

それと、電源のACアダプターなんかも以外に場所を食ったりします。

ま、そんなことで、買ってから、めんどくせえなあ! とか、失敗した! などと後悔しないように、くれぐれも購入前には箱の説明書きやWEB購入ページの説明を良く読みましょう。




この記事へのコメント