パソコントラブルお役立ち安物グッズ

1445861541181.jpg
いやあ、なんですねえ。PCのUSBに繋いだ買ってきたばかりの外付けハードディスクがうんともすんとも言わねえぞ! 故障じゃねえか! 金返せ ゴラア! などということもたまにはありますね。それとか、ある日突然動かなくなったとか。またはUSB接続のスピーカーから音が出てこなくなったとか、USBからスマホが充電出来ないとか。

まあ、世の中色々ありますよね。

たまにたまにですが、初期不良ってのがあって、最近のPC関係製品だけじゃ無くて世の中のありとあらゆる色々な大抵の物が、数十年前には made in Japan だったんですが、今では made in China とか Taiwan とか Korea とか Vietnam とかになっていて、品質的にちょっと信用しかねるというか。

最近もどこかの100円ショップのマニュキュアに発がん性物質が含まれていたとか、食品にしてもあちらの国のものは何が入っているか分からないとか昔から言われてきましたが、そうでない場合だってあります。

最初から相手が悪いと決めつけるのは良くない事です。で、ここは冷静になって日本と周辺諸国との友好の為にも世界平和の為にも原因を突き止めましょう!

で、そんなときにお役立ちなのが、写真の上の方のUSB電圧&電流計ってやつです。PCのUSBと周辺機器のUSB端子との間にこれを挟んで繋げばすぐにPCか周辺機器かのどちらが悪いのかがわかります。

で、この時、電圧計が5V以上前後で電流計が0なら周辺機器の故障かケーブルが断線しています。また、電流は流れているけど(流れてない場合もあります)、電圧が極端に低かったり0Vの場合はPC側のUSB関連の故障ですね。PCのUSB端子は基本5Vとなっています。このPCからの電圧で動かしている周辺機器は多いです。

このUSB電圧&電流計は1000円ぐらいで売っている安いものですが、もちろんあちらの国の製品です。日本での出来事なのにあちらの国のものをあちらの国のものを使って裁くなんてことは、今は亡き人情裁きの大岡越前さんが生きていたら絶対に許さないかもしれませんが、今はいいんです。TPP交渉もほぼほぼ決まったわけですから。心を改めて世界の一員(というよりアメリカの一部かも)として生きていかなければいけなくなったんですから。

で、次に写真の下側のパワーサプライテスター(電圧チェッカー)ですが、おもにデスクトップパソコンの電源トラブルを調べるために使います。

PCの電源が入らなくなったとか、使用中に良く落ちるようになったとか、そんなときにWindowsのせいだけにしないでハードウェアも疑ってみましょう。ま、メモリーとかHDDとかが調子の悪い場合もありますが、長年使っているPCだと結構電源がへたって来てる場合も多いです。で、この電源チェッカーをPCの内部電源の色んなケーブルに繋いでみて緑色のランプが点けば電源は大丈夫です。でもランプが点滅したり、点かなかった場合は電源がへたってるからそろそろ交換しましょうってことです。

で、この電圧チェッカーは電気街の怪しげな店で300円ぐらいで売っている怪しげな商品なので微妙な電圧は調べられません。でもこんな怪しい奴でも確信犯だけは見つけられるってことは出来ます。ま、警察じゃなくて一般の怪しい人でも現行犯のもっと悪い奴なら捕まえても大丈夫! みたいな感じですかね。

ま、そんなこんなで、一家や会社に一つぐらいはあってもいい、そんなに高くもないパソコントラブルお役立ちグッズでした。

この記事へのコメント