ヤフオクでジャンクHDDを買ってみた。

ええ、そうなんですよね。

新品のHDD が一番いいんですが、そこそこの値段しますからね。で、予算の都合でお値段の安い中古のHDDを買う場合もありますが、更に値段の安いジャンクハードディスクを買う場合もあります。ヤフオクとかで。

言っちゃあなんですが、ジャンク=ゴミですからね。ゴミにしてはそこそこの値段がします。でも、ゴミの中にでもお宝が埋もれている場合があります。本当のゴミを買って後悔しないように良く考えてから買いましょう!

で、まず今回買ってみたジャンクHDDですが、
1449365161637.jpg
東芝製の2.5インチ400Gです。ヤフオクで手数料、郵送料込みで1971円です。ちょっとジャンクHDDにしては高かったかもです。

ここで、ジャンクHDDをオークションなどで買う場合の注意点です。CrystalDiskInfoなどのHDD S.M.A.R.T.データを載せているものから購入検討しましょう!このHDDの場合はこれですね。
Ashampoo_Snap_2015.11.23_20h15m06s_001_.png
黄色い注意マークになっているので、ゴミ候補生ですね。赤い異常マークになっている場合はゴミ候補優等生ですね。いくら認識しているものでも、そのまま使っていると、すぐに認識しなくなります。で、更に認識しないなどの理由でディスクデータを載せていないHDDはほぼゴミですね。

基本的に注意マークのHDDは色んなHDD用ツールソフトを使えば正常に修復できる場合もあります。異常マークのHDDは修復出来ないので正常な部分だけ使うようにします。認識しなかったり、カッコンカッコン騒がしいHDDは明らかにゴミです。

当然、そこそこ使える黄色い注意マークのHDDを入札対象にするのですが、実際に商品が届いて細かいチェックをしてみると、このSMARTデータ自体が壊れてそこそこゴミな場合もあります。

で、今回の東芝製HDDですが、黄色の注意が「代替処理保留中のセクタ数」の生の値が1だけです。調子が悪いかもしれない場所が1箇所あるよ。まだ未確定情報だけど。ってな感じです。HDDのどこか一箇所の磁力がちょっと弱っているみたいです。こんな場合は、前回USBディスクにしたようにローレベルフォーマットで活をいれてあげればすぐに治ります。

人間で言えば、ちょっと風邪引いたかもしれないなあ?ぐらいな程度のうちに葛根湯を飲むようなもんです。

で、ローレベルフォーマット後のデータです。
Ashampoo_Snap_2015.11.26_23h05m15s_001_.png
みごとに正常に戻っています。

では、またです。

この記事へのコメント