ブラックマジックポケットシネマ用のアーマーケージ

1452151713802.jpg
BMPCC(ブラックマジックポケットシネマカメラ)なんですが、最近使って無くてたまには使って見るかなってなことで、先日購入した一眼カメラ用の汎用ケージに取り付けました。(やっぱり電池交換用の穴が合って無くて、取り付けると電池交換不能です)

元々専用のアーマーケージ(armour cage=鎧兜カゴ?)に取り付けてあったんですが、さらにカゴを付けて二重にしてみました。こうすれば、カゴの重みで手持ち撮影でも手ブレが少ない安定した画が撮れるかなって思ったんですが、、、

やっぱりダメでした。これでもまだまだ軽くて手ブレは収まりません。っていうか私の手が震えすぎ?

まあ、この手のカメラはビデオカメラと違って、手ぶれ補正機能も付いてないし、フォーカスも露出もほぼマニュアルなので、三脚使用か、リグをフル装備にして重くして、肩載せカメラぐらいの重さにしないと安定して操作できないですからね。その前に、音も外部マイクかレコーダーがないとまともに録れないです。

ポケットに入ってどこでも簡単に撮影できるってことだったんですが、最近流行りのウェアルブカメラと比べるとやっぱり使いづらいですね。

で、都会の冬の空を撮ってみました。このままだと、ボケーっとしたくすんだ色です。
aozora02.jpg
で、ダビンチ・レゾルブ12(無料のカラーコレクションソフトですが、映像編集も出来ます。無料なので、巷では「タダビンチ」と呼ばれています)に放り込むと、
a0z0ra.jpg
都会でも、冬の綺麗な青空が蘇ってきました。ちょっと色が派手な様な気もしますが、フィルムライクってことですね。

この記事へのコメント