「金スマ」番組タイトル変更とSMAP謝罪会見

「金スマ」の番組タイトルが変更されましたね。でも、略すとやっぱり「金スマ」です。

公開処刑と言われた、あの謝罪会見で、中居君たち4人はどうも納得してなかったみたいだし。謝罪会見といっても、ファンへの謝罪というより、公共の電波を使っての事務所社長への謝罪会見でしたもんね。

で、SMAP内で今後またひと騒動あるかも? ってな感じで、番組からSMAPの冠を外したんでしょうね。他局も追従するかもです。

あの謝罪会見から、木村君が結構逆風を受けています。一応、SMAP解散を引き留めた立役者、ということになっていますが、世間では裏切り者だと思っている人が多いみたいです。

あの、木村君の出た着物の着付け教室のCMですが、その会社の社長のブログに、30パーセントの人から木村君に対するクレームが来たそうです。「放映をやめないと、お宅の着付け教室にはもう行かない!」みたいな。

「職業選択の自由」とまでは言いませんが、SMAPが事務所を変わろうと、解散しようと、オートレーサーになろうと、普通のおじさんになろうと、、、それは本人たちの自由であるはずです。その自由が無いってことは、納得がいかないことです。

私たち一般人も、多くの人が、本当にやりたい仕事にもつけず、社員にもなれずに、生活のために低賃金の派遣社員やブラック企業などに甘んじていたりするのも納得がいかない事です。で、多くの人が体調を崩したり、精神的におかしくなったり、その鬱憤の矛先をなんの罪もない人々に向けて事件を起こしたりします。

今の日本は「職業選択の自由」ではなく、「職業選択の不自由」ですね。

あ、いつも書き忘れていますが、「あくまでも個人の感想です」ので、別の考え方も当然ありますし、多分そっちのほうが多いです。っていうか、敢えて世間一般とは別の切り口で書いていますので悪しからず。

では、またです。

この記事へのコメント