大塚バラ祭りとフォトコンテスト

1463365758564.jpg
都電大塚駅と向原駅間の都電線路沿いには、この時期5月には500種類710株のバラが咲いています。バラの品種としては都内一位(2016年5月現在)だそうです。

で、休日ともなると、カメラ小僧ならぬ、カメラおじさんやおばさんが、大きな望遠レンズのついたカメラを抱えて数多く集まってきます。で、なんで集まってきたかと思いきや、これでした。
1463365707749.jpg
大塚バラ祭りだそうです。で、フォトコンテストもやっていました。なるほどです。

ちなみに、大塚バラ祭りは5月8日(日)から5月22日(日)までだそうで、その間いくつかのイベントがあって、そのうちの一つが第5回バラ祭りフォトコンテストだそうです。

このフォトコンテストの締め切りは5月31日までで、天祖神社近くの大塚接骨院さんで受け付けています。

応募要項としては、テーマが「都電とバラ」です。応募作品は未発表で他のコンテストに応募していない自作品に限ります。おひとり様2作品までで、撮影日、タイトル、撮影場所、一言コメントを添えてA4判用紙にプリントアウトして、一枚ずつ透明なフィルムパックなどに入れて応募することになっています。なお、作品の返却はないので、気をつけてください。

てな感じで、私もさっそく、スマホでパシャパシャって2枚ほど撮って、自宅のプリンターで印刷しました。

おっと紙の入れ方が悪くて、曲がって印刷されてしまいましたが、プリント用紙は結構良い値段するのと、プリンターのインクがなくなりそうなので、残念だけど、そのまま提出することにしました。

未発表作品限定なので、ここでは発表できませんので、悪しからず。

で、インクジェットプリンターでプリントアウトした場合は一日以上乾燥させて下さいって募集要項に書いてあったので、プリントして一日経った今日、大塚接骨院さんまで持って行きました。

「オラオラ! スマホなんかで撮って、ピント合ってねえじゃねえかよ! それも印刷歪んでるじゃねえかよ! フォトコンテスト舐めんなよ!」

って門前払いされるかとも思いましたが、普通に受け付けてくれました。

あと、募集要項に書いてあった通り、別用紙(ちぎったコピー用紙)にコメントなども書いていったのですが、受付時に、名前や連絡先も書いてくださいと言われました。

「そんな事、募集要項に書いてなかったじゃん!」って思いましたが、普通、書くのが社会人としての常識ですよね!

ってな感じで受付でペンを借りて、汚い字で名前と連絡先も書いてきました。

まあ、予選落ちですかね? でも、参加する事に意義があります。

ではまたです。

この記事へのコメント